【春日大社神苑 萬葉植物園】の藤の花が満開でした。

奈良市の春日大社の萬葉植物園に行って来ました。

今年は例年よりも5日ほど開花が遅かったそうです。春日大社の駐車場側の入り口から入りました。

園内に入ると森のような雰囲気で、本当に自然に囲まれてマイナスイオンを体いっぱいに浴びたような感覚でした。
萬葉植物園は春日大社の参道途中にあります。萬葉の「春日野」の一画に広がる、わが国でもっとも古い歴史があります。
万葉集に詠まれた植物約300種を栽培し、それぞれに代表的な万葉歌がそえられています。

萬葉植物園の中の藤の園には20種類で約200本もの藤の木が栽培されているそうです。しかも、各所にある棚仕立ての藤園ではなく立ち木造りの藤園になっているので、藤の花がさんさんと光を浴びて立ち木の表面に咲き目の高さで観られます。

周囲を花で包まれているようなイメージになるので、多くの方々に好まれているそうです。 

至る所に沢山の藤が咲いていました。

目線の先に咲いているので、本当に見やすかったのでじっくり眺められました。

紫の花だけではなく、白い花も咲いていていました。

池の上に咲いていて、自然と一体化した風光優美な庭園となっています。

本当に間近でじっくり観察できます。容易く触れられると思いますが、花が傷むかもしれませんので、触れないようにしましょう。

藤棚で咲いている所も数ヶ所ありました。

下からも眺めることができ、様々なアングルから眺めて楽しむことができます。

園内は藤の花や様々な花の甘い香りに包まれ、心が和やかになりました。

今回は藤の花のみピックアップしましたが、園内には様々な種類の花が沢山咲いているので、後々ブログに投稿しようと思います。


出展元:http://www.nara-mahoroba.club/posts/2359690

Tagged on: