札幌にて「みやぎフェア」が開催されました

 宮城県産の秋冬野菜は近年札幌圏で需要が高まっており,宮城県園芸作物ブランド協議会では,産地の顔の見える取組として札幌市内店舗にて試食販売会を行い,葉物類の販売推進を図っているところです。今年は県内6つのJAが参加し,1月18~19日にかけて札幌駅の駅ビル,イオン,コープさっぽろ等でみやぎフェアが開催されました。
 管内からは,JAあさひなから曲がりねぎ,JA仙台から松島トマト,ちぢみゆきな,曲がりねぎ,春菊の販売がありました。仙台普及センターからも参加し,店頭で曲がりねぎのバター焼きの試食提供を行ったところ,消費者からは柔らかくて美味しいとの声が多く,食べ方への関心も高いようでした。
 また,札幌市場においても試食PRイベントが開催され,産地代表者挨拶の後,市場関係者を対象に曲がりねぎとちぢみゆきなのスープ,ちぢみほうれんそうのお浸し及びいちごの試食提供があり,好評を博していました。
 2日間を通じて宮城県産野菜のPRや札幌市場との意見交換を行い,消費促進につながるイベントとなりました。

〈連絡先〉
宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第一班
〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8410
FAX:022-275-0296
E-mail sdnokai@pref.miyagi.lg.jp

出典:http://blog.goo.ne.jp/miyagifukyu/e/af9fbcf73644cbc2f83c156a52ee6813